病院の独自性
最近の精神科医療
   当院は1956年に開設以来、佐世保市の精神科病院として地域に密着した精神科医療を実施してまいりました。現在では、うつ病、神経症などストレス関連疾患の方々を対象とした治療をはじめ、訪問看護、精神科デイケア(大規模)、外来作業療法、関連施設としてハウスフリーデなどがあり、精神に障害をもつ方々へのリハビリテーション、社会復帰、日常生活の支援などに力を入れております。
 身体の健康についての情報はTVや雑誌など豊富にありますが、「こころ」の健康については、本当は誰もが不安をもっているのです。しかし正しい知識や情報が少なく、どう対応していいかわからない場合が多いのが事実です。
 昨今の社会はますます複雑化し、情報化社会が発展する一方で、職場や学校、また家庭などでも各種のストレスが増大し、精神科、心療内科疾患に悩む方々が増えております。眠れない、原因がないのに体調が悪い、気力が出ない、ゆううつ、不安、パニック・・・こういった苦しみには専門家の助けが必要です。まずお気軽に本院の外来へお問い合わせください。

ドクターズルーム方式
   当院は外来診療にユニークな方式を設けています。それは「ドクターズルーム方式」と称し8個のドクターズルームがあり、精神保健指定医(30〜40歳代)が各自の診察室を持ち、各ドクターがそこで診療と研究をしています。勿論各医師への予約も円滑に行われています。外来には薬剤師3名、看護師3名、PSW(精神科ソーシャルワーカー)5名がおり、万全を期す体勢をとっています。どうかお気軽にご相談ください。

給食の需要さ
   精神科入院治療の中で食事は治療の一部であり、入院患者様の大切な要素です。その事に重きをおき、開院以来給食委託会社や下請けなどは一切利用していません。
 素材を厳選し、バランスと味にこだわった独自の自前給食を行ってきました。栄養課職員18名(うち管理栄養士2名)がおり、患者様296名の食事、職員200名の昼食を賄っております。
 
SAIKAI HOSPITAL
  tel: 0956-38-3156
fax: 0956-39-2197
 
Copyright(C) 2006 SAIKAI HOSPITAL All Rights Reserved.